2005.11.20

帰国決定

来月の2月に決定しました。行き先は福岡県、太宰府の近くです。
九州国立博物館が近くて最高w 湯布院も近いwwwww
でも私のスペックは基本的に湿気と暑さに弱いのでその辺が不安です。

帰国直前にこのブログも消す、もしくはそのまま福岡編にするか考えてます。
それまでちょこちょこ更新予定です。新しいデジカメ買ったしw

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.09.19

ハリケーン・カトリーヌに続いて リタ来襲

ガソリンが安いところでは$2.44というのを見ました。
ようやく下がってきたかなーと思ってましたが、4年前よりまだ1ドルも高い・・・。
そして新たなハリケーン、リタがフロリダにやってきています。

リタに対してフロリダ州知事、J・ブッシュ(ブッシュ大統領の弟・最近息子が
警察に捕まったw)が避難命令を出しています。出ている範囲はキーウェストで
有名なフロリダ南部。ニューオリンズほどではないけれども被害があった
フロリダなのにさらに追い討ちでリタが来るとは。

・・・よっぽど日頃の行いが悪いのでしょうか>アメリカ人
まぁ、カトリーナが日本のヤクザの気象兵器だと気が狂った発言をしている人間が
いるぐらいの国だもんなー。さもありなんか?(笑 
そして何故アルカイダやアラブやビンラディンのせいにせず日本のせいにするのだろ。

まぁアメリカ人がバカなのは今に始まった事ではないんだけども(笑

追記 ・ 9/21現在、リタはカテゴリー5(壊滅的なダメージを与えるハリケーン)になりました。
     それに伴ってヒューストンで避難命令が出そうな勢いです。そしてテキサスの
     石油会社が幾つか操業停止になったそうで、リタがこのままの勢力を保っていた場合
     またガソリンが値上がりする事間違いなさそうです....orz

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.09.15

佐渡裕とシエナ・ウインド・オーケストラ

唐突に音楽の話題。

渡米するまで10年以上札幌っ子だった私。
PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)が札幌で始まった時は感動しました。
だって世界のレナード・バーンスタイン(鬼籍)が札幌で後進の為の活動を”札幌で!”
始めたんですから、その時は非常に興奮したモノです。PMFが始まった1990年、
私はまだ中学生でした。そして数年後かな?その年かな? バーンスタインが
日本人の弟子をPMFに連れてきたのです。それが私が佐渡さんを知ったきっかけでした。

うぉー、バーンスタインの最後の弟子〜、しかも若い〜(当時w)、すごーい!と興奮し、
PMF以外の場で活躍されている佐渡さんを見るにつけ、”頑張ってるんだなー”と
暖かく見守っていました。

高校を卒業し吹奏楽の世界から離れてはいましたが、札幌に完成したサントリーホール
スタイルの音楽ホール・キタラのこけら落としコンサートに行ったり、企業メセナの
コンサートに母親と行ったり、3大テノールのうちの一人、ホレ・カレーラスのキタラコンサートに
仕事の事情で泣く泣く諦めたり(泣)、なんやかんや音楽には触れていました。

そして渡米したのですが・・・ここのような田舎だとやっぱり文化活動が少ないんですよね。
いや、コンサートで凄いゲストがひょっこり来たりするのであなどれませんが
(アシュケナージ指揮のコンサートがS席1万円以下というありえない状況!!)、やっぱり少ない。
日本に帰ったらコンサート行きたいなー。一番良いのは演奏できれば良いんだけども(汗

そして最近、少々生音に飢えてきたこの頃、ネットで佐渡さんの名前をまた拝見するようになったんですね。
どーしたんだろーとよくよく見てみたら、シエナ・ウインド・オーケストラとの競演でテレビに出た???
しかも吹奏楽だよ!! そして〆は星条旗ですかぁぁあ!!! オロローン

・・・どーしてアレ系の音楽って鳥肌や涙がこみ上げてくるのでせう。

次回予告・アパラチアン序曲を口ずさみながらアパラチア山脈をドライブの巻w

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2005.09.14

今回の選挙をアメリカから眺めてみた。

さて、自民党の圧勝に終わった今回の選挙。
日本の主権を中国に譲渡しようと企む民主党が勝たなくて良かったです。
でも日本のためになる方々が苦戦し、当選しなかったのは痛い。
政治家と言う職業は日本国と日本国民の為に働くいわゆる公僕。
それなのに諸外国に売り渡そうとする奴等など言後同断ですよ。
まだ日本は大丈夫。帰国に対して少し安心できました。
・・・でも問題は山積だが...orz....

私としては小泉首相の主張に賛成できない部分もあるけれども、
いくつかある選択肢の中でBESTがなければBETTERを選択すべきだと思う。
そしてBETTERからBESTに近づけていくようにしなくてはならない。
それは国民の義務であり、権利だと思う。そしてこれは人生を生きる上でも
大切な事だと思う。必ずしもBESTな選択肢は常に存在するとは限らないからね。
それが冷静な大人ってやつだと思う。誰だってBESTな選択をいつでもしたいけど、
不可能な時もあるから。そういう柔軟な考えが出来る事が大切だろうし、これからの
人生に必要だと思うわけで。(純くん口調

今回の選挙は小泉政権の対諸外国対応が認められた、と考えても
いいかもしれない。中国とか韓国とかに言う時には言わなくちゃいけないし、
言われっぱなしも良くない。改革の手腕に対してはモニュモニュだけれども、
やろうとしている意気に感じたのかもしれない。

こちらでの選挙結果はかなり大きなニュースとして扱われていました。
偶然National Public Radioで今回の選挙結果を耳にした時には5分も裂いていて、
東大の教授のインタビューやらウィスコンシンの国際政治学?の教授の
コメントやら流れておりました。

不幸な事に2週間ほど英語を話していなかったため(泣、ほとんど聞き取る事が
できなかったのですが、今回の小泉政権の勝利を"Land Slide"と表現したり
郵政民営化に対する部分では"Trillion(兆)"となかなか耳慣れない単語が
あって興味深かったです、ハイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.06

CNN.co.jpのスペルミス

ちょっとした事なんだけど、垂れ流しのまま気づかないようなので(笑

CNN.co.jpにあるこの記事ですが、スペルチェックしていないんでしょーかね?
おかしいと思わなかったのか、訳者と編集がポカやったのか、

"Weather(天気)"の所を
"Whether(…かどうか、 …かまたは…か、 …であろうと…であろうと)"と何度もスペルミス。
 

そして気づかずに既に4日以上放置・・・。

ちょうどこのBlogにもweather.comから引っ張ってきている天気表示が左サイドバーにあるので
皆さんも確認できるかと思います。そこにもweather.comとあるので、日本語記事を見たときに
何か違和感を感じたんですね。
(しかも我が家では朝夜といつもWeather チャンネルを見ていると言う天気予報好きの我々w)

一応念の為に www.whether.com に行って見ると、確かに天気予報を検索できるサイトになります。
しかし郵便番号を入力して出てきた結果が www.weather.com の内容を引っ張ってきただけのサイトw
間違ってスペルミスしたユーザー相手の広告クリック目当てか何だかしりませんが、
正式な天気予報サイトではありませんでした、ハイ。

そりゃあんなへんなサイトだったら読み込みも遅くなっても仕方ないよねニヤニヤ
原文記事読んだけれども、そっちにはきちんと Weather.com って書いてありますよ。

まぁ私も日本語がおかしかったりスペルミスやら誤字脱字などやるけれども、
日本を代表する新聞社がそれやるのはちょっとなーと思う次第であります。

もう少ししっかりしてよ、アカヒじゃなくて朝日新聞さんw
・・・それとも Whether.comから広告費を(略

| | Comments (11) | TrackBack (6)

«ゴディバのアイスクリーム