« 陪審員に選ばれちゃった! | Main | 復活 & いつのまにやら1000HIT »

2004.03.05

年金の真実

——「保険料を払う方が『得』である」というのは、「われわれが後の世代もうまく騙し続けますから、あなたも騙す側に回ったほうがいいですよ」と言っているに過ぎないからだ。

週刊!木村剛を読んだ。
将来日本に帰るであろう我々、在外邦人にも重要な話である。
利権でしか物事は動かないって事ですね。んで年金制度にまだ利用できる利権があって、まだ手放したくないという事でもあるという事かな。郵政や道路公団の民営化は民営化に伴って新たに出来る利権が欲しいから無理くり理由つけてやっているという事でいいですかね?(笑)

渡米する前、2年ちょっと前、区役所に行って年金について訊いてみると2年間分は帰国してから払える、でもそれ以上はさかのぼって支払えないという。もう既に2年過ぎたわけだが、数ヶ月から数年は払っていない事にされてしまうらしい。もちろん海外から送金するという手もあるけれども。。。。結局年金で積み立てして目減りしたお金をもらうより、たんす預金や定額にしておけばいいって事かなぁ(笑)

アメリカでは年金制度はなく、国民の間では将来老後を快適に過ごすにはどのようにしたら良いか、それが悩みの種でもあるという。老後に備えて彼らは401kだの早期リタイヤプランを使って少しでも多いお金を得ようとしている。

アメリカは貧富の差が激しいし、年金制度もない貧しい人々は老いた場合どうなるか?
お金もないのであれば病院にかかるお金もなく早死にするしかない。その問題に対してジョン・ケリー氏は年金制度を作るだの作らないだの言っているようだ。でも超合理的(アメリカ的)に考えれば、お金が無い貧乏人や年寄りは早く死んでしまったほうが社会の為だ、といっているように見えるのだが、どうだろう?ブッシュさん(笑)

恐らく近い将来日本もそうなると思うけど、その時自分はどちらにいるのだろう?

|

« 陪審員に選ばれちゃった! | Main | 復活 & いつのまにやら1000HIT »

Comments

http://gongfu.com.ua - Visit us or die!

Posted by: RakToogHono | 2010.02.25 02:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年金の真実:

« 陪審員に選ばれちゃった! | Main | 復活 & いつのまにやら1000HIT »