« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.20

今、日本にある危機 〜英語が出来ないとどうなるか?〜

ニューヨーク在住の船原長生さんのBlogの記事をまずは丸ごと引用させて頂きます。

日本人として感じる危機感

さて俺のweb logはこの3月を持ってから「おさらば」するが、その前に日本の人に伝えたい事があるので。ここで述べることにする。

日本は英語が通じない国の中でも世界のトップに入る。一番英語の通じない国は北朝鮮、その次が日本と言われるくらい国際水準で英語が一般の日本国民の間では通じないと世界で言われている。何を根拠に言われているのかは調べていないのでわからないが、昨日「アジアの真実」のブログを読んでいて英国国営放送のBBCが今制作中のドキュメンタリーで、第二次世界大戦時に於て、毒ガスで大量殺人が行われたというシナリオが「週刊新潮」の手に入ったと言う記事が目に入った。詳しい内容はシナリオを読んでないので何も言えないが、もしそれが本当であれば驚きを通り越して悲しみを感じる。それに反して意見も言えない英語のできない日本人に怒りさえも感じてしまう。

共産圏の中国人は過去10年間で英語の重要性に気がついている。日本人の多くは「自分の価値観で全てが通用すると思っている」と信じている。できる限りの早さでその考えを変えなければまた日本が世界の中で孤立してしまう。この危機感を感じているのは俺だけではないと思う。

そこで何が「自分の価値観で全てが通用すると思っている」であるが、英語ができなくても俺の代わりに誰かが言ってくれるであろう。とか、日本で俺たち、私たちが騒げば外務省が動いてくれるとかと言う価値観である。一人一人が感じていても、それを自由自在柔軟に表現できなければ何も起こらないのである。価値観とはどの価値がより重要かという価値の序列に対する考え方であり、物事に価値を認めるかという個人個人の評価的判断だけではないのである。世界の中での個人の価値観をアナライズすることが今必要なのである。
最も難しい事に人とのコミュニケーションがあげられる。日本人はコミュニケーションを取るのが苦手な言語グループに属する民族である。大量の言語を海外から輸入して表現を補っているが、今21世紀は一外国語(日本の国際連合に於てのcorrespodenceは英語である。)を2nd languageとして多くの日本人が完全にマスターしなければならない。

以上引用終わり。

 私も別口で同様の事を感じた事があります。
アメリカでは主張したもの勝ちです。渡米してきた中国人が南京大虐殺で日本軍に殺された人数を年々増加させ、韓国人が日韓併合を植民地化とし強制連行があったといい日本の文化のほとんどが韓国起源だと英語でのたまっているんですよ? そしてアメリカ人は太平洋戦争があったから、彼らの主張を聞いて「やっぱりジャップは汚い」と思うのです。我々は現在進行形でいまだにそう思われてしまっています。パールハーバー記念日のあたりが一番ひどいですね。それなのにアメリカが好きですか?と日本人に問い掛けたくなりますね(笑

 日本人は主張が出来ない(これはシャイだから、と思いたい)、反論もしない。日教組の狂った左翼化教育の為に謝罪と賠償をする事を当たり前に思っている。その為に相手国の要求や文句を聞くだけ。反論をしてこない日本をいい事に中国・韓国は英語で日本の文句を全世界で言っているのです。彼らの狂った理論に対して反論できるほど歴史の流れや状況、政治に精通しさらに英語で論破できる日本人というのは現時点で非常に少ないと思う。ちなみにウチのダンナはよその国の人達が驚くぐらいよその国の歴史を覚えているので、彼はそれらを踏まえて論破できます(笑 敵に回すと非常に怖い人です((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 日本は狭い世界の中で完結したがり、それにも関わらず「世界に通用するうんたらかんたら」って言っているその矛盾。それに私は怒りを覚えています。(例えばH2ロケットとか技術頭打ちじゃないのん? だから中国に出し抜かれるんねん!!) 世界で腕を磨いた人達を呼び寄せない限り、日本の技術だけでは世界のスピードについていけない時代が今来ていると思うのです。

日本政府も英語の必要性というか危機感を感じ始めたのでしょう、英語のレベルの到達目標を立てたらしいですね。やっぱりこれからは英語で情報発信するしかないですね。外国の突拍子ない主張に外務省が文句言ってくれるだろうと思っていても、結局外務省も利害関係を大事にしますから、文句は見てみぬふりですよ。でも以前IWC、国際捕鯨委員会で日本側の小松水産庁参事官が有名になりましたね。英語で理路整然と国際会議で主張し、一目置かれる人です。

 日本は所詮戦敗国で英語圏の国が戦勝国です。なので現時点の世界の主導権は英語圏の人間が握っています。その中で発言し主張するならば英語は必要不可欠で必須な言語です。これから日本という国が生き残っていく為には正しい歴史観の把握・ディベートが出来るレベルの英語・度胸が必要だと思います。そんな人間に私はなりたひ・・・。まずは英語を必死にやります(>Д<)ゝ ハイ!
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.02.15

PSP、北米発売は3月24日&蛇食話。

下のエントリでえらそーな事書いてありますが、ゲームの話でございますw
先日日本にいる弟からPSPとメタルギアソリッドの新作が届きました。

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

PSP

PSPはもちろん弟に動作確認をしてもらったので、ディスクが飛び出す等の初期不良はありませんでした。でも■ボタンが押しづらいのはなぁ。。。北米版ではどーなるのでしょうね? まぁダンナは今月末の出張に持っていき、北米未発売のゲーム端末を見せびらかすらしいw

あと今回弟が「おりゃ終わったからねーちゃんやっていいよ」と貸してくれた、メタルギアソリッド最新作・スネークイーターヽ(´ー`)ノ ヤター!  購入は帰国後かなーと思っていたんですが弟の好意に素直に感謝。それにしても! 何ですかあのオープニング!! 007シリーズそのままやんけ!!!(爆笑 す、すいません、007シリーズ好きなものでエキサイトし過ぎ。ゼェゼェ  あ、もちろんショーン・コネリー絶対主義ですがピアーズ・ブロスナンも良いでつw

オープニングのさわりで「ん?」となり、タイトルやエフェクトに確信し、音楽におけるホーンセクション(
特にトランペット)、ラストのホーンの盛り上がりで「あぁ、もう決定」と。惜しむらくはオープニングにひとりもおねぇちゃんが出てきていない所。それがあったら完璧だったのにぃ!!(爆笑

今回は前作もオープニングを作成した「セブン」「ミッションインポッシブル」「スパイダーマン2」のオープニングタイトルデザインで有名なカイル・クーパーに加えて音楽には「シュレック」「スパイ・ゲーム」作曲家ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ!! 今回のオープニングが007なのは時代背景が前回・前々回と異なり主人公の若い頃の話で、スパイが活躍していた時代だからでしょう。恐らく映画好きの小島監督ならではのリクエストだと思いましたよ、えぇ。もうこのオープング大好きになったので現在このエントリ書いている最中もパワープレイ中でゴザイマス。

でも面白いですよね? あまりにものこのシリーズの完成度が高く、アメリカの一流クリエイターがオープニングなどの世界観作りに喜んで参加し、そして彼らがそれをとても光栄だと思っている事が。映画はやはりハリウッドの資本と技術は世界一だと思っています。でもその世界の人達から認められている日本のゲーム。素直に凄いと思います。そして思う事は「日本人って本当に様々な物を貪欲に吸収し、自分の物にする能力に長けている」なと。がんばれ、がんばろう日本人。

・・・でも本編難しいよぉ。・゚・(ノД`) ブランクがあるしなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメリカにおける日本人は2つのタイプに分類可?

1.アメリカが好きで渡ってきた人達

 こういう人達は昔からアメリカの文化が日本の文化より”カッコイイ”と思っていて、渡米後はどっぷりとアメリカに住んでいる自分に浸る。日本人と日本語で喋らない人もいるそうだが、どーしてもたまに日本語や日本の食べ物とかを食べたくなる。でも基本的に日本食にこだわり無く、パン食でもかまわない。日本を他人に語るときは何故か自嘲的・皮肉的に語る。それにしてもどーして貴方達そんなに日本嫌いなの?と言いたくなるぐらい日本を嫌う人達がいる。 やっぱり狂ったマスゴミ・日教組の悪教育・GHQの占領政策の賜物か・・・。

2.日本ヽ(´ー`)ノマンセーな人達

 こういう人達は日本文化にどっぷり漬かっていて、何のためにアメリカにいるのか分からないほど日本文化を保持している。でもアメリカにいるのでアメリカナイズされた日本人になるので、普通の日本人と接すると相手がちょっと引く。(あ、これは1番も同じか) 

 これよりも更に進んだ症状が韓国人・中国人コミュニティ。日本には「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、その場に溶けこもうと努力するが彼らは頑なに自国の文化を保持する。バリバリ自国に愛国心を持ちつつも合理的だし有利だから、という点でアメリカに住んでいる。

++++++++++++++++

 ちなみにウチのダンナや私は2ですが、ダンナは職場がアメリカにあったからアメリカに来たと。特に他の外国でも構わないスタンスです。別にヨーロッパでもまったく構わなかった訳で。そういう「おりゃどこでもやっていけるぜぃ」という人達が2番になるのではないかと思うのであります。そういう人達は将来的な活躍の場所を日本と考えている場合が多いと思います。結果を出して故郷に錦を飾り今後の発展の為に尽くす、と。

 まぁ私が帰国したらボランティアで通訳やったり留学生の為の何か手伝いなどが出来たらいいなと思うわけです。実際アメリカ生活でたくさんの人の善意やボランティアに支えてもらっていますのでね。・・・ちょっとキレイ事過ぎますか?!(/ω\)ハズカシーィ(笑

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2005.02.10

ゴジラ、アメリカのCMに出演中

アメリカのおもしろCM紹介シリーズ(w
旅行中に欠かせない、お腹の弱いダンナの心強いお友達、それはImodium

imodium


一回飲むと2・3日は便意が止まってしまうほどの威力を持つ頼もしいヤツ。あまりにもの強さに最近は半錠飲んでいるらしいのですが、それでも十分な効き目。お腹の弱い方、渡米の時お勧めです。どこでも安く買えます。

さて本題ですが、最近この薬のCMにゴジラが出演しております。シチュエーションは海、カップルが海岸でくつろいでいます。男性はくつろいでいるのですが、女性が何かお腹の調子が良くない。その時の表現で女性のお腹にいつもの咆哮するゴジラの映像が重ねられます。もちろん顔が怖いほうのゴジラです。ゴジラオタクじゃないので何代目か分かりませんが、白黒画像で怖い頃のゴジラです。スタッフも分かってらっしゃる。そこで女性はImodiumを取り出し飲むと、今度は女性のお腹に夕日の海に向かって帰っていくゴジラの映像が映し出されます。いや、まさに効き目そんな感じ(笑

去年はハリウッドで殿堂入りしたしケーブルテレビで地味にゴジラやモスラやっていたりして、アメリカ人に地味に日本の特撮好き多いんじゃないんかと思ってしまったCMでございます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »