2004.04.12

「週刊!木村剛」トラックバックランキング発表について

トラックバックのランキングを発表されてます。ちょっと厳しい意見というか、「ゴーちゃん好き(ハァト」の方々には良くない内容かもしれませんが、書いてみようかと。でもこれから述べる事は個人的主観に基づく事です。ちゅーか、自分のサイトで好き勝手書いていいだろぅ!(笑)

**********

トラックバックが多い、という事はその記事に触発されて自分の意見をBlogに書きましたよーといういわゆる宣伝、連絡ですよね。有名なBlogに書くとそれだけページビューが多いので、有名サイトのトラックバック経由から自分のサイトのカウンター稼ぎに自然となります。私も「ゴーログ」にトラックバックした時には「ゴーログ」経由で何人ものアクセスがありました。

一時期日記サイトが流行った頃、「アクセス至上主義」という、言うならばアクセス数がホームページの格を決めるのだ!という方々の主張がありました。アクセス数を稼ぐ為には有名どころに喧嘩売ってみたりとか様々な方法でアクセスを稼いでおりました。

今回の更新で木村氏が

これからもドンドン「かめはめ波」を発射していきますので、バシバシとトラックバックしてください。よろしくお願いします。

と書いていますが、これは「ゴーログにトラックバックすると沢山のアクセス(かめはめ波)がトラックバック経由であなたのサイトにありますよ! 沢山のアクセスが欲しいならバシバシとゴーログにトラックバックしてください。」という事ですよね。。。ちょっとこの点がアクセス至上主義をあおるんじゃないか?と少々思う次第で。「かめはめ波」がなければ個人的にはよかったのだけれど。

私ももちろん「ゴーログ」にトラックバックしたり、この文章もトラックバックしていますが、何度もトラックバックしてると「アクセス稼ぎのためにトラックバックしてるのでは?」と思われるのではないかと思い、トラックバックしたくてもしない記事がありました。例えば海外移住の件では元記事のHPが1度は見られたのですがブラウザのエラーで見られないので(←Sleipnir使ってるのに何故?)、ゴーログにトラックバックするかと思っても上記の理由でトラックバックしませんでした。

私の中でのトラックバックというのは、「あなたの記事を参考にして私のBlog上で記事を書きました。よかったら見てくださいね。」という認識です。相手が有名な程、何度もトラックバックすると、そのサイト経由のアクセスが多くなっていくと上記のような事が気になってしまうというか。もちろんトラックバックされて嬉しくない人はいないので「どんどんトラックバックして下さい」という木村氏の言う事も理解できるんだけども。

あー、支離滅裂で嫌になります(笑)
まぁ結論としては他の人が書いた記事よりも自分で考えて、書いた事がメインだろ!って感じですか、本音は(笑) まぁお題を振ってもらって日々の更新のネタにするのはアリだけど、そればっかりは(・A ・)イクナイ!ですよね。

| | Comments (1) | TrackBack (2)