2005.09.14

今回の選挙をアメリカから眺めてみた。

さて、自民党の圧勝に終わった今回の選挙。
日本の主権を中国に譲渡しようと企む民主党が勝たなくて良かったです。
でも日本のためになる方々が苦戦し、当選しなかったのは痛い。
政治家と言う職業は日本国と日本国民の為に働くいわゆる公僕。
それなのに諸外国に売り渡そうとする奴等など言後同断ですよ。
まだ日本は大丈夫。帰国に対して少し安心できました。
・・・でも問題は山積だが...orz....

私としては小泉首相の主張に賛成できない部分もあるけれども、
いくつかある選択肢の中でBESTがなければBETTERを選択すべきだと思う。
そしてBETTERからBESTに近づけていくようにしなくてはならない。
それは国民の義務であり、権利だと思う。そしてこれは人生を生きる上でも
大切な事だと思う。必ずしもBESTな選択肢は常に存在するとは限らないからね。
それが冷静な大人ってやつだと思う。誰だってBESTな選択をいつでもしたいけど、
不可能な時もあるから。そういう柔軟な考えが出来る事が大切だろうし、これからの
人生に必要だと思うわけで。(純くん口調

今回の選挙は小泉政権の対諸外国対応が認められた、と考えても
いいかもしれない。中国とか韓国とかに言う時には言わなくちゃいけないし、
言われっぱなしも良くない。改革の手腕に対してはモニュモニュだけれども、
やろうとしている意気に感じたのかもしれない。

こちらでの選挙結果はかなり大きなニュースとして扱われていました。
偶然National Public Radioで今回の選挙結果を耳にした時には5分も裂いていて、
東大の教授のインタビューやらウィスコンシンの国際政治学?の教授の
コメントやら流れておりました。

不幸な事に2週間ほど英語を話していなかったため(泣、ほとんど聞き取る事が
できなかったのですが、今回の小泉政権の勝利を"Land Slide"と表現したり
郵政民営化に対する部分では"Trillion(兆)"となかなか耳慣れない単語が
あって興味深かったです、ハイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.20

今、日本にある危機 〜英語が出来ないとどうなるか?〜

ニューヨーク在住の船原長生さんのBlogの記事をまずは丸ごと引用させて頂きます。

日本人として感じる危機感

さて俺のweb logはこの3月を持ってから「おさらば」するが、その前に日本の人に伝えたい事があるので。ここで述べることにする。

日本は英語が通じない国の中でも世界のトップに入る。一番英語の通じない国は北朝鮮、その次が日本と言われるくらい国際水準で英語が一般の日本国民の間では通じないと世界で言われている。何を根拠に言われているのかは調べていないのでわからないが、昨日「アジアの真実」のブログを読んでいて英国国営放送のBBCが今制作中のドキュメンタリーで、第二次世界大戦時に於て、毒ガスで大量殺人が行われたというシナリオが「週刊新潮」の手に入ったと言う記事が目に入った。詳しい内容はシナリオを読んでないので何も言えないが、もしそれが本当であれば驚きを通り越して悲しみを感じる。それに反して意見も言えない英語のできない日本人に怒りさえも感じてしまう。

共産圏の中国人は過去10年間で英語の重要性に気がついている。日本人の多くは「自分の価値観で全てが通用すると思っている」と信じている。できる限りの早さでその考えを変えなければまた日本が世界の中で孤立してしまう。この危機感を感じているのは俺だけではないと思う。

そこで何が「自分の価値観で全てが通用すると思っている」であるが、英語ができなくても俺の代わりに誰かが言ってくれるであろう。とか、日本で俺たち、私たちが騒げば外務省が動いてくれるとかと言う価値観である。一人一人が感じていても、それを自由自在柔軟に表現できなければ何も起こらないのである。価値観とはどの価値がより重要かという価値の序列に対する考え方であり、物事に価値を認めるかという個人個人の評価的判断だけではないのである。世界の中での個人の価値観をアナライズすることが今必要なのである。
最も難しい事に人とのコミュニケーションがあげられる。日本人はコミュニケーションを取るのが苦手な言語グループに属する民族である。大量の言語を海外から輸入して表現を補っているが、今21世紀は一外国語(日本の国際連合に於てのcorrespodenceは英語である。)を2nd languageとして多くの日本人が完全にマスターしなければならない。

以上引用終わり。

 私も別口で同様の事を感じた事があります。
アメリカでは主張したもの勝ちです。渡米してきた中国人が南京大虐殺で日本軍に殺された人数を年々増加させ、韓国人が日韓併合を植民地化とし強制連行があったといい日本の文化のほとんどが韓国起源だと英語でのたまっているんですよ? そしてアメリカ人は太平洋戦争があったから、彼らの主張を聞いて「やっぱりジャップは汚い」と思うのです。我々は現在進行形でいまだにそう思われてしまっています。パールハーバー記念日のあたりが一番ひどいですね。それなのにアメリカが好きですか?と日本人に問い掛けたくなりますね(笑

 日本人は主張が出来ない(これはシャイだから、と思いたい)、反論もしない。日教組の狂った左翼化教育の為に謝罪と賠償をする事を当たり前に思っている。その為に相手国の要求や文句を聞くだけ。反論をしてこない日本をいい事に中国・韓国は英語で日本の文句を全世界で言っているのです。彼らの狂った理論に対して反論できるほど歴史の流れや状況、政治に精通しさらに英語で論破できる日本人というのは現時点で非常に少ないと思う。ちなみにウチのダンナはよその国の人達が驚くぐらいよその国の歴史を覚えているので、彼はそれらを踏まえて論破できます(笑 敵に回すと非常に怖い人です((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 日本は狭い世界の中で完結したがり、それにも関わらず「世界に通用するうんたらかんたら」って言っているその矛盾。それに私は怒りを覚えています。(例えばH2ロケットとか技術頭打ちじゃないのん? だから中国に出し抜かれるんねん!!) 世界で腕を磨いた人達を呼び寄せない限り、日本の技術だけでは世界のスピードについていけない時代が今来ていると思うのです。

日本政府も英語の必要性というか危機感を感じ始めたのでしょう、英語のレベルの到達目標を立てたらしいですね。やっぱりこれからは英語で情報発信するしかないですね。外国の突拍子ない主張に外務省が文句言ってくれるだろうと思っていても、結局外務省も利害関係を大事にしますから、文句は見てみぬふりですよ。でも以前IWC、国際捕鯨委員会で日本側の小松水産庁参事官が有名になりましたね。英語で理路整然と国際会議で主張し、一目置かれる人です。

 日本は所詮戦敗国で英語圏の国が戦勝国です。なので現時点の世界の主導権は英語圏の人間が握っています。その中で発言し主張するならば英語は必要不可欠で必須な言語です。これから日本という国が生き残っていく為には正しい歴史観の把握・ディベートが出来るレベルの英語・度胸が必要だと思います。そんな人間に私はなりたひ・・・。まずは英語を必死にやります(>Д<)ゝ ハイ!
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.11.03

ブッシュ再選! 日本にはあと4年の猶予が与えられました。

戦争、また金の為の戦争なんてだいっきらいですが、
日本の景気の事を考えると親日派ブッシュ再選はケリーより良いわけで。

それにしても昨日からCMが通常営業になってうれしい限りです。
それまではほとんどが敵対する政治家への中傷CMだったものでして。
アメリカは比較評価CMにて露骨に名指ししてもOKなので、
奴の若い頃はどーだの、ジョン・ケリーは趣味のウインドサーフィンの
様に自分の意見をひらひらと翻す・・・などなどかなり辟易する
CMばかりでした。

さてルークスカイウォーカーでなくジョージウォーカーブッシュ君が
無事に再選された事で、4年の間日本は北朝鮮や中国から守って
頂けるだろうし、6カ国協議も進められて拉致問題もなんとかなる
かもしれません。

恐らくその次は民主党から大統領が選ばれるので、この4年の間で
日本の景気を回復して欲しいものです>がんばれ政府与党
民主党出身の大統領になったら日本からお金を絞り取られるだろう。
それまでに絞られても耐えられるようにしておかねばなりません。
円安にもなるだろうな。

それにしてもアイオワ州の投票マシンが壊れた郡ってどこよw
田舎だなーって感じで(/ω\)ハズカシーィ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.08

確定申告終わった・・・・

更新が無かったのは確定申告に追われていた為でした。<(_ _)>ゴメンナサイ
全て終わって郵便局で確定申告フォームを送った後、白く燃え尽きた。。。

今回初めて*、確定申告に自力で挑戦してみたのはいいのですが、やっぱりムズイ。もちろん英語。でもこんな時にインターネットって役に立つ! 同様の状況の人がホームページに記録を残していたり、専門職が質問に答えていたりしてて大分役に立ちました〜。(TдT) アリガタヤ(そのうち私もまとめページ作ろうと思います。)
でもどーしても分からないちょっとした事やなんかは、AARPという団体が確定申告の手助けをしていましたので、活用させてもらいました。しかも無料で市の図書館でやってました。

今日も朝行って来たんですが、ボランティアのおじいさま方がお手伝いしてくれます。
1回目手助けしてもらった方は元経済学の教授で、2回目と今回は元エンジニアリングの教授だそうです。んで年寄りだから時間があると世間話をしたがるもので、、、「札幌? 知ってるよ! オリンピックあったでしょ」とかなんとか。また「東大の石川先生って退官されただろうけど知ってるかい? すごいエンジニアリングの世界では有名だったんだけど・・・」っておじいさん、東大は分からないなー。しかもダンナの分野ならまだしも・・・。

そんなほのぼのとしたやり合いも絡めつつ、無事(?!)確定申告を送ることが出来ました。あとは無事に払い戻しが来てくれることを祈るのみ。最低でも払わなければいいや・・・(汗

* すでに渡米2年間過ぎているけれどもJビザという税金免除のシステムが我々の場合使えるため、今まで確定申告はしてませんでした。実際はするらしいが、この時期に提出するのではなくて年明けぐらいにダンナが何か書類を提出していたらしいです。3年目に入った為、残っている税控除期間を有効にする為に基本の書類の他、色々準備しなくてはならなかったので面倒だった。。。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.03.05

年金の真実

——「保険料を払う方が『得』である」というのは、「われわれが後の世代もうまく騙し続けますから、あなたも騙す側に回ったほうがいいですよ」と言っているに過ぎないからだ。

週刊!木村剛を読んだ。
将来日本に帰るであろう我々、在外邦人にも重要な話である。
利権でしか物事は動かないって事ですね。んで年金制度にまだ利用できる利権があって、まだ手放したくないという事でもあるという事かな。郵政や道路公団の民営化は民営化に伴って新たに出来る利権が欲しいから無理くり理由つけてやっているという事でいいですかね?(笑)

渡米する前、2年ちょっと前、区役所に行って年金について訊いてみると2年間分は帰国してから払える、でもそれ以上はさかのぼって支払えないという。もう既に2年過ぎたわけだが、数ヶ月から数年は払っていない事にされてしまうらしい。もちろん海外から送金するという手もあるけれども。。。。結局年金で積み立てして目減りしたお金をもらうより、たんす預金や定額にしておけばいいって事かなぁ(笑)

アメリカでは年金制度はなく、国民の間では将来老後を快適に過ごすにはどのようにしたら良いか、それが悩みの種でもあるという。老後に備えて彼らは401kだの早期リタイヤプランを使って少しでも多いお金を得ようとしている。

アメリカは貧富の差が激しいし、年金制度もない貧しい人々は老いた場合どうなるか?
お金もないのであれば病院にかかるお金もなく早死にするしかない。その問題に対してジョン・ケリー氏は年金制度を作るだの作らないだの言っているようだ。でも超合理的(アメリカ的)に考えれば、お金が無い貧乏人や年寄りは早く死んでしまったほうが社会の為だ、といっているように見えるのだが、どうだろう?ブッシュさん(笑)

恐らく近い将来日本もそうなると思うけど、その時自分はどちらにいるのだろう?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

陪審員に選ばれちゃった!

昨日この記事をUP途中にPCがフリーズ。めげずにもう一度書くぞー(←ローテンション)

先週の金曜日、裁判所からなにやら私宛におてまみが。スピード違反以外には特になにもしてないはずだが(汗)とあせりつつ辞書を引きつつ内容を確認すると「あなたはランダムに陪審員に選ばれました。必要事項を記入して裁判所に返送して下さい。んで4月1日に裁判所にくるよーに」という内容でした。なーんだ、罰金とかじゃないんだー、と思ったのもつかのま、ば、陪審員だとぅ??

えー、古いハリウッド映画に「12人の怒れる男」という映画があります。(日本では三谷幸喜が「12人の怒れる日本人」というのでパクってるというか完璧オマージュ)アメリカでは12人からなる陪審員が一つの犯罪に対して有罪か無罪か議論し、判決の参考にします。この辺イマイチ分かりません。
んで「12人の怒れる男」ではある強盗殺人?の罪に対して当初無罪・1(主人公)対有罪11で有罪でした。でも陪審員制度ではすべての陪審員の意見が一致しないといけません。主人公は無罪の根拠として捜査のあらを見つけたり論理的に犯罪を検証し、最終的にはすべての陪審員が無罪判決を出す、という映画です。ほとんどのシーンが狭くて暑い部屋で激論を交わします。密室にもかかわらず手に汗握る議論の展開で、脚本がとてもよく出来ていました。もちろん日本にいる時に日本語字幕で見たんですがこれがまた面白くて面白くて、お気に入りの映画であったのでーあります。

で、だ。陪審員って英語でディスカッションするんひょ? あわわ。((;゚Д゚)ガクガクブルブルてな感じになったのでググってみると、U.S.Citizenshipを持っていない外国人は陪審員になれないとの事。あーよかったと一安心。必要事項に記入し裁判所に送ると、「あなたはアメリカ国民ではないからなる必要がありません。インフォメーションを送ってくれて感謝します」のよーな事が書いてあるはがきが届いたので、この問題は終了ー。

ネタとしてはすばらしかったが、疲れた_| ̄|○

| | Comments (451) | TrackBack (1)